函館

北海道の南にある函館という町は、北海道の南で、本州に近いところにあります。幕末時代、新選組の土方歳三(ひじかた としぞう)が本州から函館に逃げました。現在、土方歳三が函館のキャラクターとして、博物館やアニメなどよく見られます。何故なら、函館出身の歴史人物より、土方歳三の方が有名だからです。もともと、アイヌ民族が函館に住んでいます。彼らは、服や民間信仰など独特の文化を持ちます。さらに、アイヌ語と日本語は全然違うので、本州の人と言葉が通じないです。

北海道の食べ物が美味しいと言われます。乳製品や海鮮が美味しいですから、それらを使った郷土料理も美味しいです。ラーメンなら、札幌は味噌、旭川は醤油、函館は塩、苫小牧はカレーと言われていますが、個人的に函館で食べた海鮮みそラーメンが一番好きです。海鮮がたっぷりでスープが蟹の味ですから。

海鮮みそラーメン

函館での観光スポットと言えば、五稜郭が一番人気でしょう。コロナで五稜郭タワーはオープンしませんが、函館山ロープウェイと金森赤レンガ倉庫だけで十分楽しめると思います。函館山の夜景は、車の運転なしで見られる日本の夜景の中で、一番気になります。函館山の展望台がおしゃれであるのみならず、飲み物やケーキが安いという魅力もあります。

函館山ロープウェイ

金森赤レンガ倉庫は横浜より規模が大きくて、いくつもの倉庫があります。海辺うみべに並ぶ赤レンガ倉庫をぶらぶらと散歩して、雑貨屋さんやお土産を見たり、写真を撮ったりすることが楽しいです。冬の期間は、海に浮かぶ「金森神社」が設置されます。その神社が小さくて可愛いです。

金森神社