京都

日本の観光地の中で、一番日本らしいところは京都でしょう。なぜなら、京都は昔の首都で、沢山の歴史的な建物が残っているからです。西暦800年から1600年頃まで、約800年間、日本の首都は京都の辺りでした。その時、日本の首都は平安京と呼ばれていました。京都エリアの平安京が首都になる前、日本の首都は奈良エリアの平城京でした。

平安神宮

首都だった長い間で、佛教や茶道などいろいろな文化活動が行われていました。それで、今も有名な寺社や美味しい抹茶を飲めるところがあります。歴史的な建物が多すぎて、ランダムに歩いても世界遺産を見られます。一番代表的な三つの観光スポットは、清水寺と嵐山、と伏見稲荷大社です。この三つの名所は、常に混んでいるようです。

清水寺

定番観光スポットに対し、穴場が好きな人もいるので、そういう人には最近インスタで流行っているうさぎを飾っている岡崎神社をおすすめします。昔、岡崎神社の辺りには野うさぎが多かったので、うさぎをまつっていると考えられます。多くの神社は、きつねやうしなどの動物がまつられていますが、うさぎがある神社はすごく珍しいです。しかも、岡崎神社に狛犬の代わりに狛うさぎがあって、すごく可愛いです。

岡崎神社

京料理といえば、懐石料理が有名ですが高いです。京都らしい食べ物なら、抹茶わらびもちとかが安く味わえると思います。抹茶わらびもちは、抹茶で作ったふわふわのスイーツで、香りがよく甘いです。また、京都は昔からお寺が多く、お寺に住んでいるお坊さんたちが野菜を保蔵するため、いろいろな漬物を作り始めました。もし京都の料理が気になったら、ぜひ京漬物も食べてみてください。

抹茶わらびもち