熱海

日本でゆっくりできる旅行先なら、熱海が一番好きです。海が綺麗で、海鮮が美味しくて、美術館など遊びスポットが沢山あるからです。さらに、台湾九份のように、山のに建っている家があるので、日本の他の場所と違う雰囲気があります。東京から熱海まで新幹線で一時間かからないので、東京に住んでいるサラリーマンたちは、ストレスがある時、熱海に逃げるでしょう。

熱海は有名な温泉地で、温泉が沢山あります。個人的に一番好きな温泉は、リゾートにあるフーアという温泉施設です。その温泉は、海を見ながら楽しめるので、とてもリラックスできると思います。温泉から見える景色は青い空と海というシンプルな景色ですが、何も考えずに見ていられるので癒されます。施設内は、広い休憩エリアがあるので、何もせずに一日ゆっくり過ごせると思います。

熱海の海鮮の中で、しらすが特に美味しいです。しらすは透明感のある小さくて柔らかい魚で、醤油をつけて食べることが多いです。熱海では、しらす丼が大人気みたいです。海辺なので、しらす以外の海鮮も沢山食べられます。

しらす丼

遊びスポットなら、梅園やMOA美術館がおすすめです。梅園は、色々な種類の梅がある広い庭園で、園内には小さい美術館があります。

梅園

MOA美術館は本格的な美術館で、建物それ自体がとてもおしゃれです。なので、MOA美術館に展覧されているアートは、よりおしゃれに見える気がします。

MOA美術館

川端康成の小説「伊豆の踊子」の中で、伊豆に旅行に行った男の子は、踊子の少女が好きになります。踊子は踊りの仕事をしている人で、さらに音楽を演奏する女性は、芸者や芸妓と呼ばれています。熱海市役所のすぐ近くに、「芸妓見番」という芸妓の歌舞練場があります。そこでは、毎週土・日曜11:00から約30分の舞踊が行われています。もし伝統芸能を味わいたかったら、ぜひ見に行ってみてください。

芸妓見番